読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amninni !! 宮脇 臣の声楽道

ブログ主が日常感じたことやコンサート出演情報などをお届けするページ

イタリアでの記録 その二

7、我が師の還暦コンサートの時の写真
11750685_975004699211022_2831537904399815620_n
地元の民族音楽を歌わせて頂きました。これは私のレパートリーにしていきたいと思っております。 素敵な経験と師のおめでたい一日でした。


8、ベッリーニ月刊プログラムに出演したことが新聞に載りました。
12249876_10207762102001020_5736226992461963003_n
重要文化財にもなっているカターニア大学で行われたコンサート、私以外誰一人外国人がいない空間で歌えたことは素晴らしい経験でした。


9、ベッリーニフェスティヴァルで行った演目の再演を、今度は屋内で
  1934061_10205589473111882_7519911088387684135_n
イタリア人の役者と共に作品を創りあげられた感覚は今も忘れられません。


10 ,カターニアベッリーニ生家直ぐのところにある聖セバスティアン教会でベッリーニ作曲ロ短調ミサのソリストを務めた時の写真
IMG_5388
この作品、ほとんど演奏されません。理由は。。。テノールが凄まじいことになっているからというのが70パーセント原因となっているように思います。 ただ本当にベッリーニの格調高い、優雅な旋律が込められている素晴らしい作品です。 写真はありませんが、一年間に、オルガンとオーケストラ伴奏の二回、異なる教会で歌うことが出来ました。 



11、マスカルチア市にて行われたニューイヤーコンサートに客演した時の録画とチラシ
1918520_1195903070437662_1193421681259238822_n
 オペラL'elisir d’amoreより"Una furtiva lagrima"とLa TraviataよりLibiamoを歌いました。 動画の待機画像はMaestro Costanzo。


12、イタリア研修最後のオペラガラ二回公演です
12920266_10207480220342615_1367684864753274400_n
13118981_10207621005102146_7268940608256677504_n
1公演目は日本から母と母の友人が応援に駆けつけてくれました。
2公演目は体調を崩してしまいましたが素晴らしい仲間に囲まれ歌いきることが出来ました。


まだまだイタリアには沢山の日本人歌手がいます。その方に負けないくらい自分の音楽に信念を持ち、そして誠実に向き合いながら育てていきたいと思います。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。